のんびり過ごすタルトパイのつれづれ日記


by tarte-pie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2017年 07月 03日 ( 1 )

ツイッターで見た記事。
県立の障害者施設のあやめが満開なので
あやめ祭りが開かれると。

小さい頃に一度、そして、
高校生になってもう一度。
一緒に過ごしたK君がいる施設なので、
あやめも楽しみながら、
K君に会えるかなぁなんて思って訪問しました。
f0182618_21301539.jpg

雨が少ない日が続いているので、
元気と言えば元気なあやめですが、
趣深くはないかな…(^_^;)。
f0182618_21302172.jpg


f0182618_21302651.jpg


もうお祭りも終わる時間の頃に行ったので、
K君らしき人はいなく。
まぁ、深追いしても仕方ない。
うろうろしていても
不審者になっちゃうもんね。

あ、でも、せっかくだから、バラも見ます(笑)。
f0182618_21303013.jpg

バラも薄い色の花はとっくに終わっていて、
その時はグラデーション系が咲いていました。
f0182618_21303497.jpg

植物の名前が生活寮につけられているので、
それらに因んだ植物は植えられています。

では、帰ろうかな…。
と駐車場に向かうその時です!
お祭りに駆けつけてくださった父母と
一緒に歩くK君親子にばったり!!!

お互いに「きゃ~♪」と言って駆け寄りました!!

なんて奇跡!
「暑かったので、本館で休憩してたんですよ~♪」と親子。
私も「会えるかなと思ってきてみたけど暑いから帰ろうかなと」。
そこでばったり、バッチリのタイミングで
遭遇できたのでした♪

すご~い。
こんなことってやっぱりあるんですよ。

一緒にそのままK君のお部屋までお見送りして、
父母と一緒に駐車場までいろんなお話して帰りました。

本当にマメなご父母なんですよ。
行事ごとに(その前の奉仕作業から)来ているようです。
K君の普段の生活はプロの施設にお任せして、
父母は他の家族のために生活されています。
そして、仕事を続けて社会に貢献されています。
私はそれで良いと思っています。
無理して家でずっと一緒に過ごすことで
みんなの生活にも健康にも支障が出ることは本末転倒。
施設などのプロに頼るのも良いと思います。
それも自立の道なのかと思います。
離れて暮らしたからと言って
忘れたことなど一度もないはず。
「今」の最善を尽くしていればいいんですよね。

なんだかいろんなことを思い出したり、
会えた感激もあったりして、
帰りの車のなかでは涙がでました。

奇跡!
会いたい!と思った気持ちが
引き寄せたのかもしれません。
[PR]
by tarte-pie | 2017-07-03 05:43 | とある風景