のんびり過ごすタルトパイのつれづれ日記


by tarte-pie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:デグー( 57 )

ネットでカラーニスの検索をしていて、
何故かとんだ画面にネズミちゃんが居ました。

ただ居るだけかと思ったら…。
f0182618_22200218.jpg


クリックすると餌をあげられてポリポリと食べてくれます。
f0182618_22204829.jpg


そして、様子を見てると、
鼻のところ(お髭さんをやってるのかな)を
わしわしと毛繕いしたり、
滑車を回ったり、
水を飲んだりします♪

f0182618_22213315.jpg


ちょーーーーかわいい~っ!!!!
ずっきゅーんでした。

はわぁ~。
まさに、画面のなかでネズミちゃんを飼っているかのよう。
かわいすぎですっ!

職場では、携帯で「猫あつめ」を癒しだわ~と
言ってる女子多しですが、
私はこれがいいです♪

時々、のぞいてみようっと。

[PR]
by tarte-pie | 2016-08-31 06:41 | デグー

柚子と栗

デグーとの生活が幕を閉じました。

デグーと暮らし始めたころ小学一年生だったお友達も、
もう中学三年生です。

f0182618_22101095.jpg


本当にデグーってラブリーです。
生活を始めた頃は
こんなにコミュニケーションがとれるとは思いませんでした。

ふとした表情だったり、仕草だったり。
なんとも可愛らしいものです。

私と「まぐのあ」の不思議なこと(笑)。

のあの看病をしながらしていたことは柚子を煮ていたこと。
香り高き柚子の収穫とジャム作り。
火加減を見ながら、のあとゆっくり関わっていました。

のあは正統派の可愛らしさ。
毛並みも長めで、まつげも長くてカールしてる。
瞳もぱっちり。
顔も小さい。
気高いのあでした。
お腹を見せて寝ているところを見たことがない(私が留守の間はわからないけれど)。
体も小さくて華奢。
大人しいようだけど、本当は気が強くてお姫様気質。
頭も良くて。

・・・犬でいったらチワワかな。


一方、まぐ姉さん。
急に逝ってしまったまぐ姉さんの体調不良の前に始めたいたことは栗の渋皮煮。
まぐ姉さんの変調により、うまく煮ることを諦めたので、栗ペーストにしてしまいましたが。

まぐ姉さんは生まれつきの立派な身体つき。
デグーとしては標準的な毛並みと身体つき。
顔も小さくはない(笑)。
ふと見ると草をおでこに乗せていても平気だったりするお茶目さん。
目の周りのデグーサインがくっきりしていて。
身体が大きいのを良いことに、のあの餌もこっそり横取りしていた。
が。本気で怒られると負けていた。
お店から連れ帰ったその日にお腹を見せて寝ていた(衝撃的でした)。
天真爛漫の食いしん坊。

・・・犬でいったら、パグとかフレンチブルだろうな。

なんとなく。
柚子と栗の違いがのあとまぐの個性に通じるような気がして。

爽やかな柚子
ぼってりした栗

ジューシーな柚子
ぽくぽくの栗

香り高き柚子
まったりした栗

・・・おもしろいかも。

二人とも秋にお別れしたんだなぁ。


デグーらぶ。
[PR]
by tarte-pie | 2014-10-19 02:07 | デグー

ありがとう まぐ

まぐがいなくなって一週間弱過ぎました。

まぐに会いたいなぁ。

まぐ姉さんの身体に異変を感じたのは五月の連休のころでした。
左肩がいつも寝癖がついて、毛の向きが違っていたのです。
触ってもわからなかったし、
板型の電気ヒーターと手作りカバーの狭い間に入って寝ていたので、
寝癖もつくのかなと思っていました。

f0182618_2042302.jpg

夏の頃はカバーの上でちゃんと寝ていたのですが、
その時にも何となく毛が分かれるところがあって。

だんだん、お婆ちゃんになってきたなぁと思ってみていたのです。
痩せてもきていたし、一週間に一日位は食欲のない日もあって。
食べ始めると完食になるのですけれど。

散歩にでても今までは「まだ帰らない!」とぷいっといなくなってましたが、
夏ぐらいからはまぐ姉さんから「もうおしまい!」と私の膝の上に乗るか、ゲージの入り口で待っていたのでした。

f0182618_20475181.jpg

そして。
ある日、ようやく確信が持てたのです。
まぐ姉さんの左肩に大きな瘤ができていることを。
痩せてきて目立つようになってきたのと、瘤が大きくなってきたのだと思います。
触っても痛がらないし、病院は行くだけで三日ぐらいストレスで具合悪くなるので、様子を見ることにしました。

悪性なのか良性なのか・・診てもらいたかったのですが、
触った感じでは、皮膚にできていると言うより、固くて骨の一部になっているかのようでした。


f0182618_20504030.jpg

これはわかりやすい写真です。
首の後ろに段がありますが、これが瘤の場所でした。

f0182618_2055746.jpg

9月の半ばから
ハーブを習っている薬剤師の先生に相談をして、
ハーブを試してみることにしました。
まぐが食べることが大前提です。
食欲は普通にあったので、
・ネトル(浄血、造血、抗リウマチ、抗アレルギーのため)
・フェンネル(デトックスのため)
・ローズヒップ(免疫を整える)
・カモミール(消炎、鎮痛のため)
・マリーゴールド(粘膜の保護、リンパの炎症止めのため)
・メドゥスイート(鎮痛、関節炎止めのため)

などです。

食いしん坊で良かったと心から思ったのは、
まぐは好んで食べてくれたことでした。
タンニンを含むこともあるので、かなり少量ずつではありましたが、
一日数回に分けて食べました。

特に好んで食べて、食べた後調子が良くなったのは、
カモミール、ローズヒップ、メドゥスイートです。

亡くなる一週間前ぐらいからは痛みもでていたようで、
瘤のあたり(特に左の肩と首の方)を触ると激怒していました。
亡くなる三日前は瘤の境目に触れると悲鳴を上げてとびあがっていました。

が。
メドゥスイートを食べると鎮痛により治まって、触ることも許してくれたし、何よりも動きが戻ってステップも軽やかに登り始めました。

ローズヒップは火付け役というか、ローズヒップを少し食べると内臓の動きも良くなるのか、他のカリカリ餌も食べ始め、うんち君も通常通りになりました。

そして。
瘤も小さくなりました。
・・・というよりも、瘤によって左肩への圧迫や瘤自体の炎症が少しとれたのだと思います。
周辺の腫れがひいて、瘤だけがくっきりとなり、周辺はすっきりし始めました。
痩せたという感じではなかったです。

f0182618_21174179.jpg

そして。
亡くなる前日の麻痺の様子。
左足に力が入らずにいます。
もちろん左手も。
手首から先はコントロールできず内側を向いて手をついてしまったりしていたので、骨折などしないように抱えてしまいました。

この後、復活しています。

そして。
肩の瘤は、ピンポン玉を半分に切ったものが肩に付いているぐらいになっていたことがわかるくらい触らせてくれました。

亡くなる日の夕方は
のあと同じ所の水飲み場の隣で前歯をゲージに引っ掛けてばてていました。
なぜ、ここなのかはわかりません。
そして、横になっているのではなく、立った状態なのです。
呼吸が楽なのかな…。
わかりませんけれど、のあと同じようにまぐも伸びていました。

温めはじめて30分で体温は戻りました。
ミルで挽いたローズヒップの粉とポカリを混ぜたものを少し口に入れるとおいしそうに飲みました。

眠りに入って少したつと、
目を見開いて、両手両足を走るようにばたつかせ、しっぽをぐるぐると回して苦しみ始めました。
のあはこの時に大きく仰け反りましたが、まぐは反り返りはなかったです。
その後、尿失禁がありました。

落ち着くと少し正気になり、
また飲みたいと催促するので、ローズヒップ入りポカリをシリンジで少し口にいれました。

飲んで落ち着くとまた寝ました。
30分くらい経つと、
横隔膜の痙攣かな?しゃっくりのような呼吸を二回くらいして、「キュウ~」と静かに鳴いていました。
その1、2分後、まぐのご乱心が始まり、痛みなのか苦しいのかわかってあげられませんでしたが、かなりの暴れ方で、まぐ自身の手を噛んでしまいそうになるくらいの暴れよう。
あんな細い手をわからない状態で噛んでしまっては大変と向きを変えようとしたら、私が指を噛まれてしまいました。
かなり深く噛まれて、歯が指に刺さったままになるくらいでした。

時間的には5分あるかないかのご乱心。
まぐとは思えない行動でした。

そしてまた寝る。
30分後にまたしゃっくりのような呼吸をして「キュウ~」と鳴いて、ご乱心。
5分くらいすると落ち着いて寝る。

その繰り返しが30分おきに4回ほど続いたあと、
そのしゃっくりのような呼吸が10分おき、5分おきと短くなっていきました。

最後はそのお腹のしゃっくりのような動きからの呼吸だけになり、息をする度に「キュウ~・・・キュウ~・・・」と鳴いては暴れて・・・という状態でした。

肺がつぶれてしまわないように、うつ伏せや横向きにして姿勢を変えつつ、気管のマッサージを気休めにしかならないけれどやってみました。
20分くらい続き、呼吸の間隔があいていって、まぐは呼吸をしなくなりました。

最期まで苦しみの中でもがんばっていました。

のあは弱って弱ってたどたどしく息を途絶えたので、心臓の動きが段々弱くなっていくのを感じたし、身体も脱力での亡くなり方でした。

しかし、まぐは亡くなる数時間前まで(途中バテましたが復活していたので)普通の餌を食べたり、動いていたので、亡くなるときの苦しみは大きかったし、激しかったし、硬直したままの亡くなり方でした。
身体はまだ温かくても身体は固まってしまいました。

当たり前ではありますが、
今冷静に振り返ると、
体調の状態が違うことで、亡くなり方も様々なのだとつくづく感じています。

まぐのご乱心を見たくないと思った一瞬も正直ありましたが、絶対に私の手の中で看取ると決意して三時間半を過ごしました。
まだ、指には傷バンが貼ってあります。
一番初めのご乱心の時に噛まれた跡は未だに血が滲みます。

まぐの苦しさに比べれば大したことはありません。

本当に本当にお疲れさまの最期でした。

嫌な内容になってしまいましたが、
まぐが私に体験させてくれたこととして残しておこうと思います。

まぐ大好きだよ。
[PR]
by tarte-pie | 2014-10-18 20:38 | デグー

まぐの旅立ち

10月14日の夜、
大好きなデグーのまぐが旅立ちました。

いろんな時に一緒に居てくれて、
どれだけ励みになったことでしょう。
どれだけ癒やしになったことでしょう。

本当に本当に大好きでした。
f0182618_110699.jpg


デグーに初めて出会ったきっかけも
まぐとの出会い。

ペットコーナーで目があって、
ぴょんぴょん飛び跳ねながら後を追ってきたネズミに一目惚れ。

即決してつれて帰ってきたのでした。

友達との決別や
妹分「のあ」とのお別れ
震災の時も一緒。
母の看病のために朝方戻る私を待っていてくれました。

引っ越しも三回行い、ついてきてくれました。
来月は新しいお家にまぐと住もうと思っていて、
まぐの部屋にエアコンもつけたところでした。

f0182618_1322157.jpg


台風が近づいてきていた13日の朝。
まぐが麻痺しているのに気づきました。
動けずにヒーターまでも行けずによたよたと。

朝方は滑車を回っていたので、その後の一眠り後のことでしょう。

ゲージから出して温めてあげると
手の中で安心して眠りました。
体温も上がってきました。

ご飯も食べて、元気復活。
夜にはいつものようにゲージの三階ステップまでぴょんぴょんと。

不安もありつつ、少し安心して一晩寝て朝見てみると、やはり麻痺で動けませんでした。
なので、ステップは外して、
一階での生活に切り替え。

キャベツやローズヒップ、
痛み止めのメドースィートなどを小さく砕いて一口で食べられるようにしました。
食べると少し復活。

まぐを信じて仕事に行きました。
急いで帰ると、
水飲み場の隣で動けないまぐがいました。

慌ててゲージから出して、
手のひらでまた温めていると体温も上がって、少し首も上がってきました。
でも、すぐに寝てしまいました。
f0182618_1334276.jpg

ここからの急激な体調の変化は驚くほどでした。

三時間半、手のひらの中にいました。
たくさんありがとうを伝えました。

最後の30分はまぐは苦しみと戦って旅立ちました。

まぐと最期まで一緒に居ることができて幸せでした。

10月14日21時50分。
まぐは最後の息をして動かなくなりました。

体調についてのことは
また改めてまとめたいと思います。

まぐは天真爛漫な食いしん坊の明るい大物でした。

まぐに会いたいなぁ。
いつも泣いてるとまぐは顔を覗いていたなぁ。

まぐに心配かけないように泣かないで居ないとね。
まぐは天国で食べ放題を楽しむのかな。

いってらっしゃい。
まぐ姉さん。
今まで楽しい毎日をどうもありがとう。
のあによろしくね!
[PR]
by tarte-pie | 2014-10-16 01:01 | デグー
デグーのまぐねえさん。
飼い始めてからずっと床にはチモシーやら、
バミューダやらの草を敷いています。

そして、肥満傾向のまぐねえさんには、高カロリーの草は入れていません。

なので、草はとっきどき食べるか、
ホグホグして遊ぶ(失礼!お仕事です!)ぐらいのものだったのですが・・・。

しかし、まぐねえさんにチモシーブームがきました。
バミューダにはまったことはあったのだけど、数年続いて終わりました。

それ以来は近くのホームセンターのペット館で求めやすいチモシーにしています。

そしたらね。
この二週間ほど、かなりのチモシーブーム到来。
f0182618_0141384.jpg

かなりの真剣さです。

穂の部分だけでなく、茎や葉にも。

草を交換したときだけでなく、下の方から引き出して食べています。

f0182618_0161314.jpg

「まぐ~。おいしい??」
「モグモグ・・・話しかけないでください!」
「まぐ~!」
「・・・」ぷいっ。
とられるかと思って後ろ向かれちゃいました。

キャベツぐらいの扱いですよ。
隠れて食べるのは。

そして一本終わって次に。
f0182618_0185191.jpg

かなりのチモシーお食事を終えて、冷静になるまぐねえさん。

「草食べてえらいねぇ!!」
f0182618_019282.jpg

「じゃ、撫でてください!!」

「はいはい。えらいねぇ。
歯も伸びすぎずにまっすぐになるといいね。」
f0182618_0212547.jpg


「じゃあ、頭も!!」

かぽっと頭を突っ込んできました。

今日のお散歩も側から離れなかったな~。
べたべた甘えんぼモードの日です。

見向きもされず、なかなか散歩を終わりにしない日もあるんですよね。

たくさんチモシー食べて、
身支度して、
お水を飲んで(必ず寝る前に飲むのです)、
おやすみなさい。

0時が就寝のまぐリズム。

おやすみなさい。
また明日ね!
[PR]
by tarte-pie | 2014-05-19 00:07 | デグー

暖かくなって

共に暮らすデグーのまぐねえさん。
私の癒やしです。

引っ越しにもつき合わされ、
意外にも満足そう。

家よりもアパートだと同じ部屋にいる率が多いから、
前の環境に近いんですよね。
間取りも全く同じだし(笑)。

ちょくちょく声もかけられるし、
こちょこちょとさわってもらえて。

家ではそれが難しかったので、
今の方が満足した顔してます。
寂しがりやさんです。

きっと我がパートナーとなってからのアパート生活に慣れていたからでしょうね。


暖かくなってきて、
シートの中に潜って寝ることも減ってきました。
f0182618_9215289.jpg

ちょっとやつれた感じの写真になってしまった(笑)。

むふふ。
デグーらぶ!
[PR]
by tarte-pie | 2014-05-03 09:15 | デグー

停電のおかげで

日曜日は雪のために送電線トラブル発生。
朝から午後4時過ぎまでの停電続き。
雪かきで汗を掻いたものの、
部屋に入り冷え冷えで。
こたえましたぁ。

さすがに石油ストーブを焚いて
カイロを貼って
湯たんぽを抱えて。
でも、かなり身体の芯まで冷えてしまい、本日バテております。
ようやく先ほど起き上がることができました。
頭痛と手足のこわばりと・・・。
身体のあちこちが冷えたままですね。

寒いのは私だけでなく、
マグ姉さんも。
ひさびさに移動用ゲージに入れてストーブ前に避難。
f0182618_16241529.jpg

ずっと二階の部屋から出たことがなかったから、暴れるかと思ったら意外と静か。

何回か来たことはあったけどね。
でも、穏やかなマグ姉さん。
肝っ玉座っております。

そして。
f0182618_16294843.jpg

テレビもつかないし、
部屋を締め切っているので暗くて手芸もできないし・・・。
夜中停電と戦って焼いたお菓子の袋詰めなどをしながら、
マグ姉さんに話しかけたり。

f0182618_16324747.jpg

なんとなくマグ姉さん笑っています。

そっか。
この距離感ってアパートの時と同じなんだ!
私のがやがやしい生活をかなり近くで感じていたマグ姉さん。
ひさびさなんだねぇ。

なんとなく安心した顔でした。
そして、マグ姉さんはお昼寝。
(私は寒すぎて眠れませんでしたが)

たまには良かったのかな。
マグ姉さんと戯れた一時をいただいた感じです。
[PR]
by tarte-pie | 2014-02-11 16:16 | デグー

お久しぶりです!

お久しぶりです。
わたし、お引っ越ししたの。

f0182618_20431568.jpg


今までのお部屋とは違って、
色んな音がするのよ。

風が吹くと、いろんなところがギチギチ、バタバタいうの。
時々、びっくりしてチィ~って鳴いちゃうんだけど。

そしてね。
決まった時間にすごい音がなるのよ。
「電車」っていうんだって。
まぐは初めて聞いたから、不思議だったけど、
決まった時間だからすぐに慣れちゃったの。

お散歩もまだまだたくさん探検するところがあって、
ドキドキしちゃうけど、
オヤツもらうとうっとり。

f0182618_20453173.jpg


まぐは時々疲れちゃうこともあるけど、
元気です!!!

今日は雷がなってるの。
こわいなぁ~。

・・・まぐの呟きでした。
ひさびさの登場です。
[PR]
by tarte-pie | 2013-04-11 20:38 | デグー

まぐのかくれんぼ

暑さがまだ残っていますが、
暦はとっくに秋。

月もきれいな季節になりました。

そして
我が家のデグー・まぐさんも秋支度。

顔が少しふかふかの毛に替わってきました。
さらに、草を集めてもぞもぞと。
f0182618_23595279.jpg

「この辺の草をもう少し高くして~」

f0182618_004341.jpg

「だんだんいい感じかな」

f0182618_012195.jpg

「今日はこの位にしてみようっと」

どこにいるかわかりますか~??

草に包まれてゴロンと。
気持ちよさそうです。

日に日に筒状になってくる草のトンネル。
立派になってきました(笑)。
[PR]
by tarte-pie | 2012-09-05 23:51 | デグー

デグ-のコースター

6月末に東京でげっしー祭というイベントが
ありました。
げっし目が好きな人のための初めてのイベント!
なんと素晴らしい企画なのでしょう。

当日は他の研修が延びてしまい、
間に合わず行けなかったのですが、
欲しかったグッズを手にいることができました。

TenTen’s roomのHirokoさんはじめ、
ももなす日和のまめちゃんさん、本当にありがとうございました。
そして、デグーブースの運営お疲れさまでした。

ゲットしたグッズはこちら。
f0182618_20281259.jpg


コースターです。


シルエットでもかなりのかわいさ!!
よく見ると、しっぽの先はちゃんとふさふさになっております。

むふふ。
かわいいのぉ。

こんなイベントまたあるといいなぁ。

コースターは我が家のデグーさん、
まぐ姉さんにかじられないように
ちゃんと保管しました。
だって、新しい物には敏感なんだもの。
散歩にだすと、真っ先に新しく部屋に入ってきたものにまっしぐら。
2、3回かじれば満足で、
あとは気にせずに素通りなんですけれどね。

そんな姿もかわいらしいんですが、
困る時もありますから(笑)。
[PR]
by tarte-pie | 2012-08-16 14:15 | デグー