のんびり過ごすタルトパイのつれづれ日記


by tarte-pie
カレンダー
時過ぎたアップになってしまいましたが、
足利のお花見ドライブのお宿は
群馬に足を伸ばし、滝沢温泉に行きました。

もちろん!
秘湯を守る会のお宿からのチョイス。
滝沢館さんです。
f0182618_00193878.jpg


f0182618_00194050.jpg

静かな川沿いにありました。

f0182618_00194253.jpg

お部屋もすっきり。
おトイレ付きです♪

f0182618_00194610.jpg

夕食は食べきれないくらいありました!!
全部食べましたけど(笑)。
f0182618_00194823.jpg

山菜の天ぷら。
今の季節の特権です♪

f0182618_00195048.jpg

ヤマメ(だったと…)、すごく美味しかった!

お風呂は鉱泉です。
内風呂はとても良い湯加減でした。
f0182618_00195277.jpg

入ったあとは、ぽかぽかが続きましたね。

f0182618_00195528.jpg

階段を下りていくと、露天がありました。
f0182618_00195720.jpg

夜も24時間入れますが、
暗いのが苦手な私は
(怖いのではなく見えにくいのです)
断念しまして、翌朝入りました!
けっこう深い。
そして、その日の朝はぬるめでした。
鉱泉風呂がついています。
水風呂は苦手なのでドボンとは入らなかったけど、
腕だけ浸けたりして。
すぐに腕にシュワシュワと炭酸泉の泡がつきました。

f0182618_00195903.jpg

スタンプも忘れずに押してもらいました~♪

秘湯を守る会。
この数年でやめてしまった大屋戸も増えたとか…。
寂しい限りです…。
私が持っているガイドブックは
20年近く前に買ったものなのですが
(そんなに経つのか…)
掲載されている行ってみたかったお宿も
今ではやっていないみたいです。

地震や火山などが観光地に影響している場合
もあるのでしょう。
温泉はそれらの恩恵ですものね。

新しく加盟されているところもありますから、
まだまだ楽しめる秘湯の会ではあります。

マナー良く愛好していきたいと思います♪
[PR]
# by tarte-pie | 2017-06-02 23:56 | おでかけ
足利市のマンホールです。
f0182618_09091151.jpg

シンプルで良いです。
以前は
このような市のマークしか入らないマンホールは
写メしませんでしたが、
今回はしました!

そして、足利学校内にあったマンホール。
f0182618_09101017.jpg



最近、マンホールブーム?が少しずつきてますね。
欲しいと思いつつ、
もらったことのないマンホールカードを
何気に入った観光協会でいただきました。
f0182618_09105481.jpg

ガイドブックも持たずに訪れたので、
次の行動をどうしようかと
パンフや地図を見るために入った観光協会。

職員のかたに
「このカード見せると入場料安くなりますよ♪」ともらい、
よく見たら…!!!!!
「マンホールカードじゃないですかっっ!」
と大きな声で言ってしまいました。
さぞ変なやつと思われたに違いない。

思いもかけず手に入るとはこういうことですね♪
びっくりしました~♪

せっかくカードいただいたのですが、
突然の雷雨により断念しまして、
お宿の方に向かいました。
次回は探します!

[PR]
# by tarte-pie | 2017-05-21 06:55 | とある風景

足利学校にて~その2~

いよいよ校舎である方丈に向かいました!
f0182618_00552218.jpg

お隣は書院です。

f0182618_00552400.jpg

向きを変えてパチリ。
休憩している広間が教室です。

f0182618_00552629.jpg

瓦には「学」の文字が入ってます。

f0182618_00552840.jpg

入り口に復元された宥座之器です。
ゆうざのき???って。
水瓶がありますが、
空っぽの時は傾いていて、
水が入ると少しずつ起きてきまして…。
ちょうど良いところ(6分目~7分目)で正面に。
もっと入るかと思っていれると、あっという間にジャバーっとひっくり返ります。

孔子様の「中庸の教え」だそうです。
何事もほどほどが良いということですね。

中に入ると本物の学校門が!
f0182618_00553079.jpg

感動です。
良くわからないけど、感動しまして、
しばらく立ち止まりました。

f0182618_00553327.jpg

建物の入り口正面にも
先生方の像がありました。

必然的に建物や部屋に入る時には
一礼することになります。
これって、すごく良い習慣なのでは?と
感心しました。

f0182618_00553677.jpg

渡り廊下とか素敵‼
濡れ縁で「さっきの講義だけどさぁ…。」とか
生徒たちが話し合ったり、
確認しあったりしていたに違いありません。

f0182618_00553855.jpg

漢字のクイズ問題などがおいてあり、
お時間ある人は解いていました。

おかしくなっちゃったのは、
何も言われたり書いてあったりしないのに、
自然と同じ方向を向いて座っていること。
日本人すごい(笑)!
美しいですね。

突然の雷と大粒の雨。
しばらく休憩しながら見学することにしました。
f0182618_00554071.jpg


f0182618_00554317.jpg

北の中庭。
築山には祠がありました。

そして。
先程見てきた伊万里焼の食器なども
使っていたのかな。
飾られていました。
ここでもまた繋がりましたよ♪

足利学校では、
易学を元に戦学とのコラボで
世の中を動かすことを学んでいたようです。

水戸の弘道館も江戸時代の学校でしたね。
この前行った水戸市植物園で見たばかり。
医学や薬学の勉強していたとのこと。
学校遺跡として共に残っています。

また一つ繋がりました!

なんだか、今年に入って思いもかけず
行ったところが次々と繋がりました。
不思議。
私に必要なことなのかなぁと思いましたよ~。

足利学校に行って良かったと思いました!
[PR]
# by tarte-pie | 2017-05-20 22:52

足利学校にて~その1~

栗田美術館を満喫したあと、
混んでいるフラワーパークに行くのには時間が無く、
宿に行くにはつまらない…。

足利学校に行くことにしました。
f0182618_22464013.jpg

日本最古の学校です。

f0182618_22464338.jpg

日本遺産に認定されているそうです。
お世話になりますm(__)m。

全国から生徒が集まり、勉強して、
もういいかなって思ったら、
生徒さんたちはふるさとに帰り、
その教えを伝えたり、
地元のために活躍したそうです。

あのザビエルさんも
「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と
世界に紹介してくれたとか。

f0182618_22464703.jpg

入徳門です。
第一の門をくぐると…。

f0182618_22465073.jpg

子曰く…の孔子様がおられます。
「教えをありがとうございます」と
頭を下げましたm(__)m。

f0182618_22465288.jpg

足利学校のシンボルですよね~。
学校門です。

f0182618_22465479.jpg

学校門をくぐると、図書館がありました。
足利学校が廃校になっても
地域の図書館として利用されていたようです。
地域の人が集う場所だったのかと改めて思いました。

f0182618_22465673.jpg

杏檀門です。
中の建物には孔子様の像がまつられています。
f0182618_22465825.jpg

生徒たちは登校したらまずはご挨拶したのでしょう。

太平洋戦争が終わるまでの学校では、
校門を入ると正面に
天皇陛下の像とか
教育勅語
(なんだか別のニュースで賑わってしまいましたが)
とかがまつられていて、
生徒たちは学ばせていただくという
一礼をしてから教室に入ったと
数日前にお花の先生ご夫婦から聞いていたので、
おおぉ。これかぁ!
と時代は遡れども、
話が繋がったので感動しました。

f0182618_22470121.jpg

不断梅。
実が熟さず黒くなって冬を迎えても残っているみたいです。
完成しない生徒たち、
でも落ちることなく熟すのを待っているみたいで
深いなぁと思いました。

いよいよ校舎にいきます!
が。
次で~す(。☌ᴗ☌。)!
[PR]
# by tarte-pie | 2017-05-19 23:17 | おでかけ

栗田美術館を満喫!

昔行った時になんとなく全ての物に感動し、
その後、度々夢に見ている敷地の様子…。

足利フラワーパークの向かい側にある
栗田美術館にも行きました。
というか、こちらが本当はメインの旅です♪
f0182618_22113791.jpg

とても広い敷地内に数ヵ所の展示館や資料館があります。
f0182618_22113973.jpg

お昼ご飯はこちらの栗田山荘でいただきました。
f0182618_22114265.jpg

本館の前にある石畳の御言葉。

f0182618_22114542.jpg

このような蔵を改装したものもあります。

f0182618_22114753.jpg

ベンチには焼き物の壷がそれぞれおいてあります。

f0182618_22114989.jpg

歴史館です。
展示室にはおーーーーきな壷が展示されていて
感動しました。
写真に納められないので、思い出の中に。

f0182618_22115243.jpg

登り釜があったり。

f0182618_22115403.jpg

大きな木が門のようになっている建物があったり。

f0182618_22115701.jpg

焼き物もすごいのですが、
あの空間(お庭も含めて)が忘れられないのです。
またまた夢に見てしまいそうです。

この後、
本当は藤を見る予定だったのですが、
美術館堪能しすぎて時間がなくなりましたので(笑)、
予定変更。
翌日のフラワーパークになったのでした。
ま、ちょうど大混雑していたみたいだから
いいかっ(^ー^)。

荷物整理でたくさんの食器を処分したのに、
見学すると素敵だなぁ…
あのお皿たちはどこにいったのかなぁ…と
残念な気持ちになります。
しかし、あの時はそれで仕方なかったので、
自分を「それで良いのだ」と奮い立たせます。

そして、見ると欲しくなる…。
うーっ。
笠間の陶器祭も行かないで我慢したのに(笑)。

必要なもので暮らしていくと決めたのに、
欲深い私です(¯―¯٥)

そして。
昨年亡くなった伯母から送られてきた食器は
良いものだったのだと改めて思います。
さすが!
おしゃれな叔母だけあります。

しかし…知らないって怖い((( ;゚Д゚)))。
…知らない方が良かったのかな(笑)。
[PR]
# by tarte-pie | 2017-05-18 21:47 | とある風景