のんびり過ごすタルトパイのつれづれ日記


by tarte-pie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:部屋・建物 ( 62 ) タグの人気記事

水戸弘道館の梅

サバイバルファミリーの後は、
駅から歩いて、
弘道館の梅を観に行きました。
f0182618_02000258.jpg


さすがにいつもよりは人が多いですね。

f0182618_02000709.jpg

もう、梅は満開でした。
f0182618_02000968.jpg


f0182618_02001196.jpg

枝下は好きですね♪

f0182618_02001443.jpg

梅越しの弘道館!

f0182618_02001756.jpg

清々しています。
f0182618_02002140.jpg

ピンクも!

f0182618_02002440.jpg

サンシュユも満開でした!

歩くと汗ばむくらいの日差しで、
春を感じました~。
思わぬ散歩の機会(笑)を
生かさないのはもったいないですもんね。
[PR]
by tarte-pie | 2017-03-08 05:32 | 花のはなし

夜中の街中にて

職場のお食事会があり行ってみました。
韓国料理美味しかったです♪
私はもともとお酒が飲めないので、車で行きました。
駐車場は次の日まで置いておけるようにしたというので、
安心して駐車場をお借りしていました。

そのあと、「叫びたい」という人たちのために、
夜の町を移動。
そんな時、みとちゃんに会いました♪
いつの間にあったのかしら。
f0182618_21324977.jpg

看板の企業が提供???
分かりませんが…。

で。
ここからが、大変な出来事に(笑)。

いざ帰ろうとして駐車場に戻ると。

…。

シャッターが降りていたんですね。

?????

これって、車出せないよね…(T_T)。
なぬ~!!!
となりまして…。

そこからが慌てて考えを巡らせましたよ~。

隣駅の人だけはまだ終電がありました。
二駅先の人は一駅分ならタクシー代間に合うかな…と
終電+タクシー。

おうちの人がお迎えに来てくれた人は安心。

さて。私。
うーん。
タクシーで帰って、
翌日車取りに来るとなるとかなりのロス。
お金の面も、移動手段も。
これは、泊まった方が楽チンかなと。

という事で。
夜中の一時過ぎにビジネスホテル探しをしました。
駅直結のホテルは満室。
「そんなわけないんじゃん??」と思いましたけど、
梅祭り真っ只中の水戸です。
ま、年に一度の賑わいなのかな…。

三件目にして空いていることに。
しかも禁煙室!
ラッキー‼
早速お願いして、お泊まりしました。
不思議なことにマスク買っておいたし、
歯ブラシセットも鞄に入ってた!
なんだぁ。
ホテルでも安心(笑)です。

車社会の我が茨城県。
学生の頃から車で通学し、
その後の社会人生活でももちろん必需品。
バイトも飲み会やら食事会やらボランティアやら…
全てが車ですからね…。
お酒は飲めないからどんなに遅くなっても
家に帰れなくなることはなかったんですけど、
この年齢にして初めての
「終電を逃す」「帰れない」「路頭に迷う」
ということを体験しました。

大人で良かった(笑)。
一人でお泊まりできました(笑)。
次の日、予定なく、休みで良かったです~。

[PR]
by tarte-pie | 2017-03-06 06:25 |

水仙が咲きました!

もともと中古で母が購入した家。
前の住人の方は、信仰深い方だったみたいで、
季節に応じてたくさんの花が常に咲いているような家だったとか。
その後、次の次に私たち家族が住むことになり、
母の好きなものとか、
いただいた木とかが植えてありました。
なので、今風のおしゃれな庭ではなく、
それぞれがそれぞれに咲いたり生えてたりと(笑)。

しかし、前の住人の方の名残で毎年咲いていた水仙。

母が購入した家が朽ちましたので直すことになったのはここ3年前。
庭を削ったり、整地したりした部分では、
今まで咲いていたものがもちろん無くなったり。

水仙も定位置のいつもの場所で、
一昨年、昨年は葉っぱだけ出ていました。
そして、ついに!!!
今年は正月明けから咲いたんです♪
やったぁヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。 
f0182618_15371400.jpg


ほとんどが数日前の強風で折れてしまって、
切り花にしました。
とっても良い香り~♪
学生の頃は特に気にもしなかった花。
どこかにはいつも咲いているし…のような。

数年待って咲いてくれると、
とっても嬉しい花になりました。
そして、我が家の水仙は八重だったのね(笑)。

スノードロップは昨年、一本だけ咲いたんだけど、
別の場所に植え替えたら、今年は葉も出ず(T_T)。
どこにいっちゃったのかな。

あ!
スノードロップの花言葉には
「あなたの死を望みます」という意味にもなるそう。
贈り物でもらった方は、
一発パンチをくらわしてやりましょヽ(#`Д´)ノ!


[PR]
by tarte-pie | 2017-01-29 15:19 | 花のはなし

萬蔵稲荷神社

山形、宮城の旅の締めくくりは稲荷神社です。
白石市にありましたが、福島との境ですね。
f0182618_08311603.jpg

鳥居がたーくさん並んでました。

f0182618_12404523.jpg

自然の木を使っているものも多く、
趣がありましたね。
商店の方などの看板があったので、
稲荷神社だし、納得です。

皆さんをお守りしてくださってるんですね。

そして。
白石市と思いつつ、道路にあったマンホールをパチリ。
f0182618_12413264.jpg

福島県国見町のマンホールでした!
思いかけずだったので、ラッキー!!!
桃の花が描かれています♪
かわいいです♪

今となれば、ずいぶん前のお出掛けでした。
気持ち的には、その後の怒濤のような日々に流され、
一年前ぐらいの感覚です(笑)。

またお出かけ楽しみたいですね~。
[PR]
by tarte-pie | 2016-12-20 21:31 | おでかけ

白石城の中にて!

f0182618_09330183.jpg

伊達家の家紋って…。
鳥さんのイメージだったんですけど…。

そしたら、分かりやすい資料がおいてありました。
f0182618_09330468.jpg

家紋をたくさん持たれていたんですねぇ。

瓦の紋は「三引両」というんですね。
ふむふむ。
『源頼朝から拝領した幕の紋を改めたもの』とありました。
なので、伊達家の家紋でも、古いものみたいです。

そして。
先程のミュージアムでみた片倉小十郎さんの紋は
こちら。
f0182618_09330804.jpg


お城見学でも、知らないことがたくさんあって、
なるほど…と思いながら見てきました。

お城から駐車場までの道には
「シルクロード」という標示がたくさん。
なんだろうと思っていたら、
なるほど納得(笑)。
f0182618_09331243.jpg

これでした(笑)。
おもしろい~。
[PR]
by tarte-pie | 2016-12-11 06:05 | おでかけ
武家屋敷のあとは、いよいよお城を見学です!
f0182618_09151685.jpg

まずは、武家屋敷の係りの方が教えてくれた
ミュージアムから。

真田幸村と片倉小十郎のお話でした。
f0182618_09151995.jpg

なんと!!!!!
ナビゲーターは今では日本を代表する俳優の渡辺謙さんでした。
豪華です~!
歴史を知らない私でも面白く観ました。


さ。ミュージアムが終わったあとは、天守閣へ!
f0182618_09152211.jpg


f0182618_09152579.jpg


f0182618_09153193.jpg

ここは先程のミュージアムで見た、
戦いで買った息子を入れなかった門ですね。
敵からの攻撃に備えて、いろいろな仕組みがありました。
その仕組みはお城のなかに入ってからも見ることができます。
f0182618_09153497.jpg

小石などを下にいる敵に落とす床であったり。

f0182618_09153658.jpg

槍を矢を放つ穴であったり。
感心します。
…寒そうですけど…。

f0182618_09154007.jpg

かなり急な階段を昇って2階、3階へ。
私、着物着てこの階段は昇り降りできないなぁと
考えてしまいました(笑)。
姫様には縁がないのだね。きっと。

だって、上から見たらこの角度だもん。
f0182618_09154388.jpg

怖いよぉ(>_<)。

f0182618_09154650.jpg

景色はとっても良かったです。

とてもきれいに管理されていて、
埃なんてまったく無い!
木の床もすべすべでした‼
[PR]
by tarte-pie | 2016-12-10 09:03 | おでかけ
神石白石を見学したあとは、
武家屋敷を見学に行きました。
f0182618_22591899.jpg

武家屋敷通りにはきれいな川がありました。
よく見てみると、水草が。
f0182618_22592287.jpg


f0182618_22592859.jpg

梅花藻というそうです。
見てみたいなぁと思いました。
水のなかで花が咲くんです♪

f0182618_22593281.jpg

そんな梅花藻が生えている川の分流に面して、
武家屋敷はありました。
f0182618_22593784.jpg

沢を渡って家に入ります。

f0182618_22594250.jpg

茅葺き屋根です!
張替の職人さんはよく維持されていると思います。

f0182618_22595298.jpg

囲炉裏のある居間。

f0182618_22595567.jpg

囲炉裏のある居間の屋根には煙突代わりの屋根になってます。
f0182618_23000030.jpg

そして、感心したのは、
この勝手口から沢に行けること。
水道の無い時代。
お台所に沢が近いというのは、なんて便利!
なんて合理的!!なんだろう!

あぁ、その時代にいたら、こういう家に住みたい!

そして。
実は…。
この、沢と家の配置、庭の様子(2畳分ぐらいの畑)、
北側には竹が植えてあって…。
という配置が、私が時々夢に見る家の通りでびっくりしました。

おおお。
来るべくして来たのね。私。

入場券の係りの方に
とても親切に丁寧にいろいろ教えていただきました。
つくづく思う…。
私は、おばさまおじさまキラーだと(笑)。
なので、一人旅でも寂しくないのだ。
しばらくお話ししてきました。

充実した見学になりました♪
[PR]
by tarte-pie | 2016-12-06 21:47 | おでかけ

鎌先温泉「最上屋旅館」

f0182618_11453477.jpg

鎌先温泉に入るところにある看板!
分かりやすいです~!

そして、めざすは最上屋旅館さんです。
f0182618_11454257.jpg

到着しました!

かつての古い本には載っていませんが、
今では登録されて、
日本秘湯を守る会の会員宿です。
f0182618_11454549.jpg


趣のある建家とお部屋です。
f0182618_11454878.jpg

過ごしやすかったです。

f0182618_11455088.jpg

お部屋にもついていましたが、廊下にも洗面所が。
素敵な焼き物の流しでした。
そして、ストーブがさらに暖かい!

f0182618_11455459.jpg

お食事はお部屋御膳。
贅沢です。

f0182618_11455659.jpg

お風呂もやや透明のお湯で温度も良い感じ。
ずーっと入っていられる温度でした。
窓の外には温泉の神様が祀られていました。

温泉街の上の方には神社があるらしいです。
朝見てくればよかったな…。

f0182618_11455845.jpg

お湯。こんな感じです。
湯治コースもあるらしい。
ほんとにずっと入っていられます。

朝食もお部屋御膳!!!
f0182618_11460173.jpg

美味しかったです~。

もちろんスタンプもいただきました。
f0182618_11460507.jpg

以前は温泉のためだけに行ってましたが、
こうやって何かのついでに回ることもできると
秘湯の会もすすむのかもしれません。

今回は一人で泊まりましたが、
一人旅ができるなんて
私もかなり図々しくなりました。
楽しんだ方が良いと思えるようになったんですよね。

始めた来た地域だったので、少し観光もしてみました。


[PR]
by tarte-pie | 2016-11-23 11:25 | おでかけ

山形に行って来ました

10月の末に山形に行って来ました。
半分仕事です。

土曜日が朝から技能大会だったので、
朝の出発は無理と思い、前泊から。

雨がかなりのざーざー降りでしたが、
がんばって運転しましたよ。
19時30分過ぎに水戸を出発。
ホントはもっと早く出るはずだったけど、
会議が延びてこんな時間に。

サービスエリアで餃子ドッグだけ買ってのご飯。
あとはスタンプは押して(笑)。
ただ~。
12時までにはチェックインしないとダメだったので、
諦めたところもありました。
f0182618_07172463.jpg


f0182618_07172736.jpg

東北道も集まってきましたよ♪

前泊のお宿。
スーパーホテルさんです。
f0182618_07173063.jpg


f0182618_07173329.jpg

なかなかの快適具合。
温泉つきです。
f0182618_07173634.jpg

禁煙室が良かったけど、とれなかったので、
泣く泣く喫煙室でした。
が!!!!
臭くなく、快適!
お世話になりました。

f0182618_07173924.jpg

お風呂バッグで浴場まで移動できます♪

f0182618_07174265.jpg

セキュリティーも万全。
女湯は鍵つきです。

f0182618_07174545.jpg

大~きくはないけど、ゆうゆう5人は入れます。

23時55分ぎりに到着できました!
お風呂は24時間入れます。

24時30分過ぎにいったときは、
3名ぐらいの方がいました。
入れ替わりで常に二人はいた感じです。
新幹線も遅れたので、遅い入りの人が多かったみたい。

f0182618_07174960.jpg

朝食もなかなかのバラエティーでした。
芋煮!もちろん食べましたよ♪

土曜日からはお仕事でーす。

[PR]
by tarte-pie | 2016-11-06 06:33 | おでかけ
ハーブの先生が予約してくれた宿。
それは、今や寝たきりになってしまった伯母が
教えてくれたことがある温泉宿でした。

日本祕湯を守る会にも登録されている
嵐渓荘さんです♪

夜ついたので、建家の写真は朝のもの。
夜も撮れば良かったなー。
f0182618_17413868.jpg


f0182618_17414690.jpg


f0182618_17415033.jpg


空いていれば入れる露天。
これはガラスの外に立ち湯がありました。
f0182618_17415540.jpg

露天風呂にもシャワーありで素晴らしい。
岩風呂タイプの露天風呂もありましたし、
大浴場にも。
大浴場は大きくて使いやすかったです。

f0182618_17420701.jpg

露天風呂のある棟に行くためには、小川を越えます。

玄関にある看板。
f0182618_17421307.jpg


スタンプ帳のスタンプと同じ♪
f0182618_17421833.jpg


あぁ。また始めてしまった…。
祕湯を守る会。
働きはじめたときに、職場にいた先輩もやっていて、
その頃みんなで行きましたね♪

女子職員の半分が参加したときもあって。
車を出しあい、乗り合い、和気あいあい。
f0182618_17422381.jpg

三年で10個はたまらず…。
しばらく遠のいていました。
f0182618_17422939.jpg

この本は2001年発行の第14版。
今では新しい温泉が登録されていたり、
震災や火山活動などの自然災害で
変更になっているところもあるみたいです。

ここでまた巡り会えるとは。
スタンプ帳いただいたし、
出張などで県外に出ることもあるので、
また巡ってみようかな。

塩分の多いお湯で、つるつる、後からぽかぽか。
吊り橋はどこにあったのだろうか。


そ、そして。
こうやってブログを書いてますが、
走りやの先生の車を見失った私は、
ナビ通りに進んだんですけど…。

段々と山道になり。
ま、祕湯の会の宿はこういう感じのところもあるなぁと思いつつ、
突き進んだのですが…。

途中から、車一台しか通れない山道になり。
山側の左端は側溝があり、
右側の山肌はガードレールない切り崩しだし。
若干、こ、高所恐怖症の私は一気にアドレナリン出ました。
そして、どんどん上っていくと、
道路事態も苔むしまして…。
草や小枝も両脇にバシバシ当たるし。
まだ当たったいるうちはいいのですが、
右側、崖っぷちだとひょぉぉぉぉっと風が吹き上げてきて。

こ、これって、ほとんど通ってないんじゃん!!!!
という感想。

あぁ、
まだ舗装されてるだけいいかとか、
ナビは続いてるからいつかは大きな道路に着くかとか。
考えつつ、音楽ガンガンならして気を紛らせて、
泣きそうになりながら運転しました。

そして、やっとこ平坦な道についたときは、
手が震えてましたよ。
私、けっこう、山道平気な方なんですよ。
でも、あれは、無い!!!
ひどいナビ!

生きてて良かった~。
みんなはどこを通ったんだろう…。
と思ったら、宿の駐車場で会えました。
みんなは、油揚げやさんに寄ったり、
山を越えずにきたとか。

ひぇーん(>_<)。
何でなのぉ。

みんなに話しても信じてもらえない感じだし。
生まれてはじめてあんな山道通りました。

次の日の出発の時に、看板みたら、
私がきた方向は「左折行き止まり」と。
やっぱりな。
だって苔むしてたもん。

距離だってあったはず。
どんな道選んだんだろ。

ま、無事だったので良かったです。
[PR]
by tarte-pie | 2016-10-23 07:56 | とある風景