のんびり過ごすタルトパイのつれづれ日記


by tarte-pie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

不正咬合のノアちゃん

重いテーマと言えば・・・タイトル通りのノアの不正咬合。
もう数回病院で歯を削っています。

何もかも慣れていない飼い主とノアの挑戦?が始まった頃からすれば,
ずいぶんとお互いに慣れてきました。
でも・・・。かわいそうで・・・。
なので,気持ち的に重いテーマなんです。

美人さんのノア。
(マグさん・・・ごめんよ。キミは愛嬌があるから。それで許してちょ。)
歯を削ってから1ヶ月ぐらいする頃から,再び左側の前歯がかみ合わなくなってきます。
f0182618_17304236.jpg
ちょっとぼけてます。
オレンジ色の歯はビタミンが足りている証拠?
そのあたりはちょっと安心です。


奥歯も伸びる場所があり,口の内側に伸びてきてしまうので,
前歯同様,奥歯も削ってもらいます。

ノアは頭が良く,警戒心も強いので,
一度コワイ思いをすると,心を開いてくれるまで再び時間がかかるのです。

なので,なかなか口の中を見せてくれません。
奥歯は実際,私は見ることができないのですが,
前歯がわかりやすくずれてくる頃になると,
餌を食べるときに「キュッ,キュッ」と歯ぎしりのような音が鳴り始めます。
それは,奥歯が噛み合わなくなってきた合図だとわかるようになってきました。



前歯のズレはこんな風です。
片手でノアさんを押さえつつ撮ったので,
これまたぼけてますが・・・・。
f0182618_17391285.jpg
本当は二本そろっているんですものね。
これだけずれると,餌も挟まります。



千葉県松戸市にある動物病院まで高速で移動。
初めて行ったときには,移動用のケージの中でビビリまくりの二匹でしたが,
(マグさんは付き添いです。姉ですから。)
今回はずいぶんと慣れて,草を食べたり,
敷いてある新聞をぐしゃぐしゃにして遊んだりと余裕のある移動でした。

診察では,体重がずいぶん減っていると言うことを教えてもらいました。
見た目にも細くなっていたので・・・やはり。
わかっていても,ショックですね。
食欲もあったのですが,食べる速さもゆっくりになっていたので,
足りなくなってきていたのでしょう。

前回の10月は245g。
今回は210g。
筋肉量も落ちてきているから・・・とのお話。
体重計測もまた再開しなければいけないな・・・。

強制給餌もしていたのです。
でも,足りなかったか・・・と。残念(涙)。

病院では,歯医者さんさながらのキュイ~ンと言う音がなり,
歯を削ってくれます。
もちろん,全身麻酔です。
なので,体力を温存して望まねばなりません。

病院によっては爪切りのようなもので
歯をパチンと切る所もあると聞いたことがあります。

しかし,この病院では削ってくれるので,
断面がなめらかで,口の中を痛めることがないと思っています。

そして・・・。削った後のノアさん。
f0182618_1825132.jpg
これまた,ボケてます。
本当に短くなっています。
しばらく餌をかみ切ることができず,
口に入れたものも出ちゃうくらい不便だけど・・・
許してね。



f0182618_184893.jpg
逆さから見ても,歯が見えないくらい削ってあります。


健康なデグーさんはこうやったら,前歯が見えるのです。
(ネズミのイラストなどは忠実に描かれているんだとデグーを飼って再確認です。)

そして,全身麻酔をしたので,
胃腸の働きが少し悪くなることがあるというので,
お薬がでました。
胃腸の調子を整える薬です。
3日分。ヨーグルトと混ぜて飲ませます。
f0182618_1883299.jpg
少し黄色いお薬。


看護師さん達が錠剤をつぶして粉にしてくれます。
ふけば飛ぶような,ほんの少しの量。
デグーさんの体に合わせて計量してくれます。
こんな量じゃ電子天秤計量器を使うんだろうな・・・
なんて思いながら・・・。
嫌いじゃない話(笑)。うふふ。



f0182618_18155936.jpg
ヨーグルトもほんの少しでもノアの口の中にはいっぱいいっぱい。
出されないように少しずつ入れます。


初めは一さじ??なんて思っていたら,桁違いに多かった。
ほんのスプーンの先っちょの量で充分すぎる位です。

ノアは1,2回目はかなり嫌がります。
移動には慣れたと言っても,
目覚めたときには歯がなくなっているのは恐怖みたい。
(それはそうか・・・)
病院に行ってイヤイヤとやって帰ってくると,
巣箱に入ってしまい出てきません。

薬も飲ませたいしな~と起きて出てきたときに捕まえようとしても,
するりとすり抜けて警戒心丸出しのノアさん。
私の手には近づきもしません。
3日間の奮闘が始まりました。
3日目になるとずいぶん開き直るというか,
慣れて自分から近づいてきてくれることもあります。

薬の後,めげてるノアさんに近づいてなぐさめるマグさん。
こんな時は姉のマグさん,優しいです。
(いつもは逆ですから。)
f0182618_18264057.jpg
耳をかじかじ。
私が大きな体で隠してあげるわ!!



ふ~・・・。
心を鬼にしての薬の時間。
かわいそうなんですけれど・・・。
ノアさん,がんばってください。
[PR]
by tarte-pie | 2009-12-16 23:24 | デグー