のんびり過ごすタルトパイのつれづれ日記


by tarte-pie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

鹿島神宮の奥の宮と要石

本殿でお参りしたあと、
奥の宮まで行きました。
奥参道は深呼吸しまくりです。
流鏑馬やるので、通り道ができてますよね。
f0182618_10192994.jpg

鹿島神宮の森は県指定の天然記念物に
なっていたと思います。
茨城県は植物の宝庫!
日本の北限と南限の植物が
生きていける土地なんです。
農作物も種類豊富です。
いろいろありすぎて、名産物が決まらないんですよね(笑)。
f0182618_10193081.jpg

さざれ石がありました。
誰もが知っているけど、どんな石だろうと…。
解説によると石灰質角礫岩ということで。
小さな小さな角礫石が
ながーい年月をかけて岩となっていく…。
いわお、となりて…です。
岩音ではありません(笑)。
歌詞の意味をちゃんと知って
どこで息継ぎをするのかということを
中学の音楽の先生に教えてもらったときに、
今までなんて失礼な歌い方をしていたのだろうと
猛省した記憶があります。
なので、今でも歌うときは気を付けていますが、
周りの人とずれてしまって
高温部分だったりすると
ちょっと恥ずかしかったりします。
苔がむすまで…
末永く静かに発展し続けるはずであります。
私たちはそのために必要な人として
この国に生まれてきているのです!
みなさん!自覚を持って生きていきましょ!
f0182618_10193028.jpg

鹿島ということで。
鹿さんたちがいます。
鹿さんは神の使いだと奈良できいたことがあります。
f0182618_10193095.jpg

そして。
奥の宮。
ひょおおおおお。とても趣深いです。
f0182618_10193193.jpg

写真にはできませんでしたが、
御百度参りの基準柱があります。
一番古い殿とききましたが…。
すてきです。
家康公が建てられたとか。
歴史的なことは、私は欠落しているので、
どなたかの記事で後で学びましょ。
f0182618_10201204.jpg

落ち着きます。

要石まで行きました。
f0182618_10201355.jpg

地震の多かった太平洋側の守り石です。
この像のように、
鹿島神宮はナマズさんの頭を大きな石で押さえていると。
f0182618_10201332.jpg

ナマズさんの頭を押さえつけている石柱の
一部が見えます。


f0182618_10201310.jpg

こちら。
霊石の要石です。
下に下に深~く続いているとな。
どうぞこれからもお守りくださいませ。

そして、ナマズさまの頭を押さえるのは鹿島。
頭だけ押さえてもバタバタするわけで。
尾を押さえることも必要。
尾を押さえているのはなんと!!!
千葉の香取神宮だそう。

ううううっ。気になります。

今度は香取神宮に行ってみたいな。

私はご利益をいただくとかよりも、
拝殿の屋根の造りとか、
御神木とか…石とか…に興味があります。

神社仏閣はいろいろな方の願があるので、
行かない方が良いと言われたこともあります。
自分の願掛けがあまりないタイプなので、
余計にそう言われたのかもしれません。

いろいろな訪問の仕方がありますね。
今回はさざれ石と要石で
またまた納得したので大満足です。

時間がなくて、
御手洗池まで行けなかったのでまた行きます!

[PR]
by tarte-pie | 2018-06-10 08:18 | とある風景