のんびり過ごすタルトパイのつれづれ日記


by tarte-pie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:部屋・建物 ( 86 ) タグの人気記事

小諸城の門

小諸城址 三の門。
国の指定文化財になってました。
これは納得。立派です。
華やかじゃなくてこういうのが良いんです!
素晴らしい。
f0182618_20280245.jpg

外国からの観光客もけっこういて、
途切れるの待つのが大変でした(笑)。
f0182618_20280212.jpg

三の門の近くには
徳川秀忠様が座られたという憩石がありました。

しなの鉄道の線路をくぐって移動すると、
大手門があります!
こちらも国の指定文化財。
f0182618_20280235.jpg

これまたでかい‼
人が立ってるのと比べると、
周りの大きさに圧倒されます。
f0182618_20280361.jpg

鯱もいました!
f0182618_20280383.jpg

大手門のマンホール!
うふふ。
発見です!
ひろーいお城だったんですねぇ。

日本唯一の「穴城」。
あな???
本丸が一番標高の低いところにあるから、
城下町から見守られていたのでしょうか。
実際は石垣もあるしね。
ただ、
確かに大手門に行くには勾配のある駅前を
歩きました。
なるほどね…。
知らないことばかりだなぁと思いながら
見学させていただきました。
[PR]
by tarte-pie | 2018-08-22 06:02 | おでかけ

小諸城址懐古園

金曜日の夕方に水戸を出発。
幸い、
職場からの最寄りインターが北関東道なので
ほぼ、一直線で群馬、長野方面に移動できました。
本当は温泉に行きたかったけど、
前日の夜中では予約とれるわけもなく…。
なので、
行った事無いところに行ってみようと決心。

なんと。
朝から行動できるのは散策からと。
寝坊できない年齢になってきたし(笑)。
長野県の小諸に行きました。
ま、ホテルも佐久だったし。
(実は長野県、初めての滞在ですっ)

小諸城址 懐古園です。
f0182618_19315657.jpg

苔の石垣…。
暑すぎてカラカラで、苔も元気なかった(笑)。
開園と同時ぐらいに行ったので
まだまだ過ごしやすかったんですよ♪
f0182618_19315757.jpg

二の丸跡。
関ヶ原の戦いに向かう徳川秀忠様が
留まったところだそうです。
秀忠様の事ってなかなか知り得ない中で
私は生活していたので、ちょっと新鮮。
ふむふむ。
f0182618_19315719.jpg

弓道の練習をされている方々を見学し、
橋を渡って奥にすすみます。
日陰はとても爽やかでした。
f0182618_19335825.jpg

本丸跡のお庭には鏡石もありました。
つやっつやです。
f0182618_19335812.jpg

天守台にも登りました。
下から見ると中々の高さ。
上から遠くを見るには平気でしたが…。
下から見上げた角に行くと、お尻むずむず。
ちょっと、に、苦手です((T_T))。
暑さでくらっとしたら落ちるな…。
危ない(笑)。
f0182618_19335898.jpg


あ。
庭園のなかに、
桜前線の基準になる桜の木があり、
歴史よりもこちらが本来は興味があるので、
しげしげと見ておりました。
他にも桜の木がたくさんあったので、
武士様達はお花見をされていたに違いない。
f0182618_19335909.jpg


あと。大けやきの木がありました!
これは本当に素晴らしい!!!
f0182618_19335929.jpg

三人でも手が回らないかもなぁなんて
思いながら周りをぐるぐる。
そして。
このけやきの木は触ると
とても軽くて暖かい木でした。
木も、芯がじーんと冷えている木や、
かたーい木…いろいろあるんですよね。
(スピリチュアルな力は私にはないので
そういうことではなく、実際の感触です)
この木のように、暖かな気持ちになりたいと
思ってしまった。

長野出身の方が周りにいるとわかりますが、
品良く、でしゃばらず、
でも寛大というタイプじゃないですか?
まさに、この懐古園もそんな感じで、
どーんとした雰囲気でしたね。

早く行けるところと思っていたぐらいでしたが、
行って良かったなぁと思いました。
のんびりとした朝のスタートです。
[PR]
by tarte-pie | 2018-08-20 05:39 | おでかけ

鹿島神宮の奥の宮と要石

本殿でお参りしたあと、
奥の宮まで行きました。
奥参道は深呼吸しまくりです。
流鏑馬やるので、通り道ができてますよね。
f0182618_10192994.jpg

鹿島神宮の森は県指定の天然記念物に
なっていたと思います。
茨城県は植物の宝庫!
日本の北限と南限の植物が
生きていける土地なんです。
農作物も種類豊富です。
いろいろありすぎて、名産物が決まらないんですよね(笑)。
f0182618_10193081.jpg

さざれ石がありました。
誰もが知っているけど、どんな石だろうと…。
解説によると石灰質角礫岩ということで。
小さな小さな角礫石が
ながーい年月をかけて岩となっていく…。
いわお、となりて…です。
岩音ではありません(笑)。
歌詞の意味をちゃんと知って
どこで息継ぎをするのかということを
中学の音楽の先生に教えてもらったときに、
今までなんて失礼な歌い方をしていたのだろうと
猛省した記憶があります。
なので、今でも歌うときは気を付けていますが、
周りの人とずれてしまって
高温部分だったりすると
ちょっと恥ずかしかったりします。
苔がむすまで…
末永く静かに発展し続けるはずであります。
私たちはそのために必要な人として
この国に生まれてきているのです!
みなさん!自覚を持って生きていきましょ!
f0182618_10193028.jpg

鹿島ということで。
鹿さんたちがいます。
鹿さんは神の使いだと奈良できいたことがあります。
f0182618_10193095.jpg

そして。
奥の宮。
ひょおおおおお。とても趣深いです。
f0182618_10193193.jpg

写真にはできませんでしたが、
御百度参りの基準柱があります。
一番古い殿とききましたが…。
すてきです。
家康公が建てられたとか。
歴史的なことは、私は欠落しているので、
どなたかの記事で後で学びましょ。
f0182618_10201204.jpg

落ち着きます。

要石まで行きました。
f0182618_10201355.jpg

地震の多かった太平洋側の守り石です。
この像のように、
鹿島神宮はナマズさんの頭を大きな石で押さえていると。
f0182618_10201332.jpg

ナマズさんの頭を押さえつけている石柱の
一部が見えます。


f0182618_10201310.jpg

こちら。
霊石の要石です。
下に下に深~く続いているとな。
どうぞこれからもお守りくださいませ。

そして、ナマズさまの頭を押さえるのは鹿島。
頭だけ押さえてもバタバタするわけで。
尾を押さえることも必要。
尾を押さえているのはなんと!!!
千葉の香取神宮だそう。

ううううっ。気になります。

今度は香取神宮に行ってみたいな。

私はご利益をいただくとかよりも、
拝殿の屋根の造りとか、
御神木とか…石とか…に興味があります。

神社仏閣はいろいろな方の願があるので、
行かない方が良いと言われたこともあります。
自分の願掛けがあまりないタイプなので、
余計にそう言われたのかもしれません。

いろいろな訪問の仕方がありますね。
今回はさざれ石と要石で
またまた納得したので大満足です。

時間がなくて、
御手洗池まで行けなかったのでまた行きます!

[PR]
by tarte-pie | 2018-06-10 08:18 | とある風景

鹿島神宮へ!

はじめて鹿島神宮に行きました。
地元にも鹿島神社はあります。
七五三などは地元の鹿島神宮に行ったりしました。
が。
鹿嶋市の神宮には初めてです。
仕事で、すぐ裏を通ることは何回もあったり、
千葉の佐原にいた叔父のところに行くときは
「ここなんだねぇ」なんて母と言いながら
通ったりはしていましたが…。
f0182618_09491199.jpg

行きましたよ~♪
もちろん、外回りで鹿行地区に行ったので
そのあと、
休日出勤の振休で休みをいただいて。
f0182618_10060213.jpg

楼門がとても立派で。
f0182618_09491374.jpg

文化財でした。
納得。ふむふむ。
f0182618_09512308.jpg

とても厳粛な雰囲気の敷地内は
身が引き締まる思い。
怖くはないのですが、厳しい感じはしました。
f0182618_09512354.jpg

拝殿と御神木。
御神木がとてもとても素敵でして、
どうにかその通りに撮りたいと
うろうろしましたが
難しく…。
f0182618_09512472.jpg

あきらめました(笑)。
f0182618_09512415.jpg

平日でもたくさんの人がいて、
かなり粘って人が途切れたところをパチリ。
とても輝いていました。
f0182618_09531645.jpg

派手ではないのですが、
なぜでしょう。輝いているんです。 

f0182618_10132318.jpg

やはり御神木様とのショットはまぶしい‼
むふふ。
f0182618_10161907.jpg

御朱印いただきました。
ありがとうございます。
[PR]
by tarte-pie | 2018-06-09 09:48 | おでかけ
今日は外回り。
県北地区を回りました。
日立駅前のカフェで一休み。
はじめて入りました。
f0182618_18174994.jpg

いつもはあちらの道路から眺めてたんです♪
f0182618_18175089.jpg

シーバーズカフェという名前なので、
爽やかな飾り。
f0182618_18175041.jpg

気温は高くないけど、ムシムシ。
歩いてばかりだと暑かったので、すっきりと
スムージー頼みました。

はぁ(´-д-`)
疲れました…。
お昼食べる暇なかった((T_T))。
気楽なようで意外と過酷。
この後、もう一ヶ所回って終わりました。

シビックセンターで風流物をパチリ。
f0182618_18223527.jpg

マンホールの模様に描かれてました!
こっちが本物です♪
[PR]
by tarte-pie | 2018-05-30 18:16 | おでかけ

鎌倉 寿福寺

英勝寺から鎌倉駅に向かって戻る途中も
寄り道。
寿福寺さまです。
f0182618_00442260.jpg

北条政子さんがお坊さんを呼んで建てられたとか。
お茶をたしなみことも広まったのかなぁ。

f0182618_00442308.jpg

門からの道が素敵でした。
f0182618_00442381.jpg

俳句ポストがある
歌人たちにも詠まれたお寺みたいです。
f0182618_00442380.jpg

本堂には入れませんでしたが、
塀つたいに見学。
f0182618_00442453.jpg

裏には北条政子さまのお墓がありました。
写真ないのが残念。
電池切れ間近でした(笑)。

[PR]
by tarte-pie | 2018-04-16 16:24 | おでかけ

鎌倉にある尼寺 英勝寺

源氏山公園から下山し、目指したのはお寺。
鎌倉に唯一残る尼寺だそうです。
英勝寺。
f0182618_00083658.jpg

立派な木が迎えてくれました。
江戸時代は水戸徳川家の姫君が代々住職を
お務めになられたとか。
水戸から行っているのに、
ここに行かないなんてありえない!と
勝手に思い込み、
行ってみたかったんです。
f0182618_00083720.jpg

入り口もなんとなく柔らかな雰囲気を感じます。
f0182618_00083762.jpg

花のお寺だとか。
f0182618_00083754.jpg

春にはたくさん咲き誇るのでしょう。
四季折々の植物が丁寧に育てられていました。
訪問したのが、冬真っ盛りの1,2月でしたからね…。

f0182618_00093786.jpg

随所に徳川葵の御紋がみられました。
f0182618_00093840.jpg

立派な門です。
f0182618_00093884.jpg


f0182618_00093857.jpg

建物、お庭を見ながら歩いていると、
リスちゃんと会うことができました。
f0182618_00112847.jpg

研修所の裏山からも時々降りてきているのを
見ていたので、
神奈川はリスちゃんたくさんいるんだなぁと
改めて思いました。
お寺の壁面には12支が。
もちろん、ネズミちゃんいましたので、パチリ。
f0182618_00112841.jpg

リスちゃんからのネズミちゃん。
最高です♪

f0182618_00112861.jpg

竹林が素晴らしい。
風の強い日だったので、竹の葉の音も。
自分に合う場所は
たとえ風が強くても怖いと思うことなく過ごせますね。
f0182618_00112942.jpg

行って良かったなぁと思いました。

咲き始めた梅の木が順路に沿ってありました。
水戸の弘道館や偕楽園に似てるなぁなんて
思いながら。
風や土地など立地に合わせて
木の枝も変わるけど、
梅の木にはかわりないから気のせいかなぁ。
なんて。
てくてく歩きながら考えていたんです。

お寺のかたがいらっしゃったので、
「水戸の梅に枝ぶりが似ていたり、
お庭の植え方が弘道館に似てるなぁなんて
思っていたんです」とお伝えしました。
そうしたら、
「なるほど~。そうですか!
ここの梅はすべて水戸から
移植されたものなので
そうかもしれませんね~♪」と。

ぱあぁぁぁ!!やっぱり~♪
お寺のかたとお互い納得!
少しの時間、お話に花が咲きました。
楽しかったです(。☌ᴗ☌。)

さっそくお花の先生に報告しちゃいました。

葛原岡神社で縁結びした後に、
尼寺に行く…。
矛盾しているような(笑)。
自分でもおかしくなっちゃいましたが、
こちらのお寺とのご縁をいただいたと思って
ま、いいかぁ。

また違う季節に伺いたいものです。
[PR]
by tarte-pie | 2018-04-15 00:40 | おでかけ

駒沢公園のマンホール

駒沢公園に行った時に見つけたマンホール。
これはちょっと感動しました。
私のなかではレアです。
f0182618_00422327.jpg
カモメなのかな…??
サクラ、イチョウ。
都立だからねぇ、と思って調べましたら、納得です。
東京都の花はサクラ、木はイチョウ、鳥はユリカモメだそう。
なるほどー。納得です!!

やはり奥深いマンホールなのでした。
勉強になります♪


[PR]
by tarte-pie | 2018-03-11 00:41 | とある風景
コッコさん、どちらが本物(笑)??
f0182618_18293737.jpg

…なんて。
同じ姿勢だったので撮りました♪
ガーデンに入ると幸せな空間が広がっていました!
f0182618_18294081.jpg

やはり、夏は背丈も高いし、
原色が多いですね。
f0182618_18294317.jpg

クレマチスもでっかいどう!
f0182618_18294889.jpg

和の空間もありました。

そして、そして。
f0182618_18295210.jpg

色んなタイプのノーム達がひょっこり現れます。
f0182618_18295770.jpg

木陰をうまく使ったり、
ロードが効果的にのびています。
f0182618_18300124.jpg

ロードの素材もいろいろ。
こっちはレンガ。
こっちは白い石…。
でも、不思議とマッチします。
f0182618_18300532.jpg

蜂さんたちも働いていました。
蜂さんは仕事で忙しいので、人には無関心。
しかし…。
虻さんもたくさんいて、
それにはブーンと近寄られたので、
コワイです(笑)。
f0182618_18300989.jpg

こんなに繁っていても素敵です♪
f0182618_18301402.jpg

突き当たりにあるレンガの壁。
バラが咲くのかもしれません。

そして。
まだまだガーデンは続くのでした。
[PR]
by tarte-pie | 2017-08-28 17:38 | とある風景

大雪 森のガーデン

温泉宿をあとにしてから、
思いついての寄り道。
こっちに来ているんだから、寄ろう!と。
壮大な景色がそうさせたのかなぁ。
f0182618_15470542.jpg


大雪 森のガーデンに行きました♪
f0182618_15470950.jpg

朝一番の訪れ。
しかし…。暑かった(笑)。
太陽が近いように思いましたよ。
日陰はかなり快適ですけど。

入園してすぐのエントランス。
f0182618_15471253.jpg

と、とっても素敵ですね。
なにせ朝一番なので、
休憩するわけにもいかず。
f0182618_15471659.jpg

木と草と自然に!
でも整備されているのできれい。
季節によってまた風景は変わるでしょう。
f0182618_15472137.jpg


f0182618_15472594.jpg

先ほどのエントランスをちがう角度から。
なんて素敵なんだろう。
何度もおなじことを思ってしまいます。
f0182618_15472981.jpg

木陰はほっとする一時。
f0182618_15473384.jpg

アーチにはハニーサックル系の花と
バラが。
ガーデンによってクレマチスだったり、
ローズだったりといろいろです。

ガーデンの奥には大きなテントがあり、
今流行りの、
グランピング仕様になっていました。
f0182618_15473775.jpg


見本でもあり、休憩場所でもあり。
f0182618_15474095.jpg

おしゃれです。
隣には石窯があり、
申請すれば貸してもらえるみたい。

若干、足早に観ましたが、
来てよかった!
ちょっとここを観ないのは
ガーデン三昧旅行にはならないかもです。
[PR]
by tarte-pie | 2017-08-26 15:28 | とある風景